2016年07月に紹介したデッキのまとめ記事です。
スタンダード
青白スピリット

異界月が出て部族デッキが本気を出すはずだったのですが、今のところ出てきたのはスピリットのみ。ただしTier1に割り込めるかどうかは微妙なところ。久々に登場したクロックパーミッションで伸びしろもまだまだ多いはずなのでプロツアーで活躍してトップメタの一角を張れるようになってほしいです。

黒白天使コントロール

天使の大嫌いなリリアナが天使を支えるコントロールデッキ。支えると言いつつ結局はブリセラに化けさせて内心では嘲笑していそうなリリアナはさすがMTG界随一の悪女です。リリアナの被害者にはサリア(の槍騎兵)もいてレジェンドサーチでブリセラ合体に一役買います。黒白天使コントロールという名前ですが、実際にはリリアナの手のひらの上でコントロールされているかのようなデッキです。

スゥルタイコントロール

衰滅が4枚入った重コントロール。緑白トークンが王者の時期は駆逐されてしまっていましたが脅威がクリーチャーだけならコントロールもしっかり戦えます。耐えて耐えて昂揚してまた耐えて耐えてエムラクールへと繋ぎます。このデッキはSCG一週目に準優勝した62枚デッキですが二週目に12位に入ったデッキは60枚へとしっかり調整されています。

バント現出カンパニー

数あるバントカンパニーの派生として新たに生まれた現出カンパニー。老いたる深海鬼はアグレッシブにもディフェンシブにも動ける相当のやり手でカンパニーもまた然り。それらが合わされば当然強いデッキが生まれます。

漁船ゼウス丸

インパクトのあるデッキ名ですがニコ生放送で視聴者がつけた名前をAAが気に入ったということで付けています。インスタントタイミングで多くの動きができるデッキですがエンド前にやればいいというものではないので、操船は難しいです。