エムラクールに次ぐ異界月の注目株、最後の望み、リリアナが満を持して登場
jp
旧イニストラード時代のヴェールのリリアナと同じ3マナのPWです。あの時ほどの強さはさすがに持っていないようですが、最後の望みという大きな期待にはしっかりと応えてくれそうです。
リリアナといえば手札を削る能力を持つ印象が強いですが今回は削りません。むしろ増やしてくれます。ただしクリーチャーに限るのでコントロールには向かないビートダウン向けのプレインズウォーカーになっています。

3マナで忠誠度は3+1で4スタート。たくさんのクリーチャーと一緒に採用されるでしょうから倒すのはなかなか骨が折れそうです。

+1は次にターンが戻ってくるまで最大1体までを-2/-1修正。最近はタフ1のクリーチャーは白単以外ではあまり見ませんが3マナプレインズウォーカーが+で除去能力を連打できるというのは衝撃です。実際に除去として機能させるには火力やマイナス修正の除去と組み合わせる必要がありますが、除去呪文の寿命が伸びるのは嬉しいですね。いざというときには流し打ちして-4/-2修正するということもできます。

-2は墓地から好きなクリーチャーを戻すというもの。しかも墓地肥やし付きなので目当てのクリーチャーを引けていない時に通常ドローと合わせて3度トップデッキする機会をもたらしてくれます。この能力で忠誠度が減っても戦場にはクリーチャーが追加されるのでリリアナを長持ちさせ、アドを稼ぐのはそれほど難しくはなさそうです。

-7の奥義は毎ターンゾンビが増え続けるというもの。終わり無き死者の列と似ていますがリリアナの方が堅実ですし、ブロッカーとしても機能するので十分です。3マナの割になかなかの殺意ですが奥義まではかなり遠いので余り見ることはなさそうです。

注目はやはり墓地回収能力です。昂揚との相性がいいですしピン刺しのクリーチャーが落ちても困りません。むしろ何度も拾って再利用できます。呪文が落ちたら棲み家の防御者で回収したりゴブリンの闇住まいジェイスで唱えたりできますし墓地が手札として機能します。

+で相手の戦線に歪みを生じさせて戦闘を有利に運び、-で息切れを防ぎ押し込みにかかる。黒入りのビートダウンやミッドレンジはほとんど駆逐されてしまいましたが最後の望みは残されていました。今こそリリアナとともに反撃の狼煙を上げる時です。
さて何を戻そうかなと探しても黒のクリーチャーの弱さに戦慄するばかりで緑黒で組んでいたのが迷走した挙句なぜか同盟者にたどり着いてしまいました。普通に緑の各種パッケージ詰め込んだ方がリリアナさんもやる気出してくれると思います。

まぁでも同盟者にだって最後の希望がまだ残されているかもしれないじゃないですか。
リリアナで同盟者を戻して結集を誘発し、リリアナで墓地を肥やして墓所からの行進を撃ったりとシナジーはばっちりです。

しつこくドレインを繰り返して生き永らえていれば物静かな使用人で大きくなったドラーナの使者が殴り倒してくれるかもしれません。それか墓所からの行進で大量ドレインして吸い殺してやります。 
PC版サイトでは簡易ソリティア機能でデッキを回してみることができます。