異界月の新メカニズム「現出」をもったエルドラージがプレビューされました。
jp
現出はコスト軽減系メカニズムで、生け贄を用意するという下準備が必要なメカニズムです。分割払いでクリーチャー1体要求ということでこれもある意味合体しているようなものですね。

膨らんだ意識曲げは8マナ5/5ですが、現出コストでプレイすれば3マナクリーチャーをサクって4ターン目にプレイすることができます。

この時点でディスアドですが4マナ未満と以上の手札を1枚ずつ選んで捨てるという恐ろしい能力をもっているので3マナクリーチャーをサクって失敗だったというパターンにはあまりならなそうです。サクれるときには躊躇なくサクってしまいましょう。状況次第では手札0枚の相手に5/5が出るだけでも十分です。

理想の生け贄は反射魔道士でしょうか。出して戻してサクって捨てさせる。完璧な動きです。WUBBが必要なので3、4ターン目の動きとしては期待できませんが。

現出メカニズムを持っているのは大型エルドラージばかりで素でプレイすることはほぼなさそうです。現出持ちの質と量次第ではプレイ可能なファッティを多数採用できるのでタイタンの存在が陽の目を見ることもあるかもしれません。

高いマナコストに注目するとランプデッキ専用だったウギンの聖域コジレックの帰還を普通のミッドレンジでも活用できるようになるのでそちらに注目してみるのもありかもしれません。

現状ウギンの聖域はウラモグ世界を壊すものを連打するためにしか使われていませんが、別に7マナ以上出た時に7マナ以上サーチする能力というわけではないので難題の予見者現実を砕くものをサーチしてきてもいいのです。

4マナで意識曲げをプレイして現実を砕くものをサーチ。次のターンに5/5を2体並べてアタックという動きもできるわけです。もちろん意識曲げを連打して相手の手札をズタズタにするのもありです。これはもしかしたら黒の躍進があるかもしれませんね。
黒の躍進といいつつなぜか青メインに。だって深海鬼とかバウンスしたら面白そうじゃない。

現出する場合2マナのマナクリーチャーは3マナクリーチャーと同じ役割を持てます。つまり現出の種を4ターン目までに二つ用意することができるのです。5/5、5/6の現出コンビを連打できたら手札も盤面も圧倒できます。そこにウギンの聖域も絡めればさらなる追い討ちも可能。

最速現出できない場合はミミックを出しておけば現出するたびにお化けになります。4/4以上が16体も入っていればミミック君もご満悦でしょう。 
PC版サイトでは簡易ソリティア機能でデッキを回してみることができます。