2016年04月に紹介したデッキのまとめ記事です。
スタンダード
バントカンパニー

TOP8: 3回  5-0: 23回

ローテを乗り越えSOI環境初期の主役となった中隊デッキ。最近は英名の頭文字を取ってCoCoとも呼ばれているようです。インスタントタイミングで動けるのが強みですが他のデッキが成熟してきて初期の勢いもだいぶ落ち着いてきました。

白単人間アグロ

TOP8: 3回  5-0: 15回

イニストラードの部族でトーナメントシーンで活躍できたのはあっという間に手がつけられない大きさになる人間部族だけでした。赤単がイマイチなSOI環境では環境最速のアグロデッキです。

赤青コントロール

TOP8: 0回  5-0: 2回

SOI環境になって紅蓮術師のゴーグルがまさかの開花。様々なカラーリングで活躍しています。赤青では大量ドローを活かして氷の中の存在を裏返しゲームを決めます。

緑赤エルドラージランプ

TOP8: 0回  5-0: 12回

バントカンパニーと同じくローテを乗り越えたデッキですがこちらは一歩引いた立ち位置。ドブン重視からコントロール重視まで様々な形があるのでその時々のメタゲームにどれだけフィットさせられるかが肝です。

赤緑ゴーグルランプ

TOP8: 0回  5-0: 10回

ゴーグルを使ったドローでランプの真の敵である引きムラを抑え、ゴーグルのマナでエルドラージを出す。ありそうでなかった発想です。さらには2倍の本体火力で召喚酔いなくゲームを決めることもできます。

黒緑過ぎ去った季節コントロール

TOP8: 0回  5-0: 3回

フィンケル専用ザク。ただしカラーリングは普通。過ぎ去った季節を闇の請願で使い回して除去ハンデスを連打し続けるという非常に気の長いデッキのため通常の3倍の速さでゲームを終わらせることができるフィンケルでないと使いこなせません。

PTSOI優勝緑白トークン

TOP8: 1回  5-0: 15回

プロツアーを制した緑白トークンはまたたく間にメタゲームの中心になりました。横に並べて強化したり縦に鋭く突破する肉弾戦に加え緑白では本来ありえない本体含む全体火力まで使いこなします。

黒緑サクリファイス

TOP8: 5回  5-0: 9回

黒緑アリストクラッツとも言います。旧環境を席巻した4色ラリーのSOI環境版で殺し屋とハスクの強力コンボを軸にラリー時代のように一撃必殺のコンボを決めることもできるコンボビートダウンです。

赤白ゴーグル

TOP8: 0回  5-0: 1回

赤単タッチナヒリの除去コン。ゴーグルの力でクリーチャーからプレイヤーまで全てを焼きつくします。またナヒリや苦しめる声のディスカードをなかったことにするマッドネスの強さを実感させてくれます。