2015年11月に紹介したデッキのまとめ記事です。
スタンダード
白黒アグロ

TOP8: 0回  4-0: 0回  3-1: 1回

除去満載でクリーチャーも重め。土地もしっかり入っているというかなりミッドレンジ寄りのアグロデッキ。ところでこの環境は色が多すぎてデッキの名前付けが非常に難儀です。

ティムールビートダウン

TOP8: 0回  4-0: 0回  3-1: 1回

コストパフォーマンスに優れたファッティを展開してそれ以外をPWも巻き込んで吹っ飛ばすというクリーチャーが中心の環境ならではのデッキ。アタルカレッドのように一瞬の隙を突いて大ダメージを叩き込むこともできます。

緑青エルドラージ

TOP8: 0回  5-0: 2回  3-2: 2回

この緑青のエルドラージランプはマナクリなしでドローを増やしてフィニッシャーにたどり着くタイプですが水の帳の分離でフィニッシャーを水増しする方が良い結果に繋がるようです。

エスパードラゴン

TOP8: 3回  4-0: 1回  3-1: 4回

ミッドレンジを叩き潰すのはコントロールと相場が決まっていますが、エルドラージのいる世界ではコントロールといえどもゲームは素早く決めねばなりません。というわけで復権してきたのがエスパードラゴンです。

アブザンブルー

TOP8: 0回  4-0: 5回  3-1: 9回

楔カラーのマナ基盤で勝手に入ってくる青を有効活用して打ち消し呪文を取り入れたアブザン。打ち消すのはもちろん包囲サイを始めとするミッドレンジの凶悪なカードたちです。

エスパー戦士

TOP8: 0回  4-0: 1回  3-1: 0回

長い雌伏を経てついに結果を出した戦士デッキ。これからの活躍にも期待したいです。ところで11月に紹介したデッキは全部サイドに青というか打ち消し呪文が入っています。BFZ環境らしいといえばらしいです。

モダン
ハルクの足跡

TOP8: 0回  4-0: 0回  3-1: 0回

昔からあって様々な名前が付けられてきた歴史のあるコンボデッキです。とは言ってもたまに出てくる程度なので知らない人はわけもわからぬままやられてしまうことでしょう。