ドローしてる間に死んだら意味無いですが生きていられるならそりゃドローします
アブザンアグロが氾濫し赤いアグロが減ったことで各種エルドラージランプにも活躍の目が出てきました。ブン回りを目指すマナクリーチャー型、安定指向のマナアーティファクト型、除去多めの除去コン型と様々ですが、いずれにしても都合よくマナ加速とフィニッシャーを引きこまなければいけないランプデッキの宿命からは逃れられません。

この緑青ではその宿命に抗うべくドロー呪文を多用しています。身を守る手段は最低限で全力でライブラリーを掘り返してウラモグを引き込みます。環境が遅くなりライフに余裕がでてきたからこそとれるプランです。
生き残れることを前提にマナだけでなくドローも加速しウギンやウラモグを唱えたいターンに安定して唱えることを目指すのが青緑エルドラージの戦略です。