環境初期は赤アグロ。なんて単純なものではなくしっかり環境を読んだ構成のデッキです
戦乱のゼンディカー環境最初のSCGを制したのは半年前にはプロツアーも制していたアタルカレッドでした。もちろんローテーションを挟んでいるのでその構成は大きく変わっています。

1マナクリーチャーとゴブリントークンを並べてアタルカの命令で5点以上ものダメージを叩き込むという動きは健在ですが、ローテで落ちた優秀火力の枠にはパンプアップ呪文が収まっています。
ローテで火力だけでなく優秀なインスタント除去も多数落ちた戦ゼン環境では構えるよりも積極的に動くデッキが増え、スタックで除去られるリスクのあるパンプアップ呪文が使いやすくなりました。最序盤から次々と対処を迫り、対戦相手が対処しきれなくなったタイミングで強大化とティムールの激闘コンボを決めて一気に蹴りをつけるのが新生アタルカレッドの戦い方です。
アタルカレッド/Atarka Red
1 《
8 《
4 《血染めのぬかるみ
2 《燃えがらの林間地
2 《吹きさらしの荒野
4 《樹木茂る山麓
-土地(21)-
4 《ケラル砦の修道院長
2 《稲妻の狂戦士
1 《マキンディの滑り駆け
4 《僧院の速槍
2 《カラデシュの火、チャンドラ
4 《鐘突きのズルゴ
-クリーチャー(17)-
4 《アタルカの命令
3 《強大化
3 《ティムールの激闘
4 《タイタンの力
4 《乱撃斬
4 《ドラゴンの餌
-呪文(22)-
4 《搭載歩行機械
2 《ゴブリンの踵裂き
2 《雷破の執政
2 《焦熱の衝動
3 《弧状の稲妻
2 《焙り焼き
-サイドボード(15)-
deckchart
PC版サイトではJavascriptによる簡易ソリティアでお試しプレイができます。