ゼンディカーといえば同盟者。ならばスルーするわけにはいきません
munda,_ambush_leader
同盟者に与えられた新メカニズムである結集。ムンダ隊長は毎ターン同盟者を引けるようにする結集能力を持つのですが、肝心の同盟者がフルスポイラーまでなかなか公開されませんでした。
ついにその全貌が明らかになったということでムンダ隊長の実力を見てみます。
ムンダ隊長自身のスペックは伝説の4マナ3/4速攻で正直微妙なところ。しかし自身の結集能力で2枚目以降を引かないようにもできるのでギリギリ及第点と言っても良さそうです。

ただしその結集能力も継続的に誘発してこそ。単体ではやはり落第ですので連れてこれる同盟者の強さがムンダ隊長の強さでもあります。そしてその同盟者の有望株はと言えば

  • ランタンの斥候 絆魂によるライフゲインで結集能力の弱点を抑えてくれます
  • ハリマーの潮呼び 最強の同盟者だと思いますが同盟者デッキに入れるとなると・・・?
  • ドラーナ 全体的に低い同盟者たちのスペックを底上げしてくれます
  • カラストリアの癒し手 戦闘以外の勝ち筋をもたらしてくれます
  • ズーラポートの殺し屋 癒し手とのコンビで大量ドレインを狙えそうです
  • 獣呼びの学者 同盟者を獣呼ばわりしていますがマナ加速は重要です
  • 空乗りのエルフ まともなマナレシオを持つ戦闘要員。しかし青マナが必要
くらいでしょうか。ムンダ隊長だめそうですね・・・

まず結集能力が戦闘用能力ばかり誘発するのですが一度戦闘すれば帰ってきそうにないやつらばかり。かと言ってドレイン頼りで守りの姿勢をとると相手ターンには結集を誘発することができず戦闘では無能揃い。

同盟者は当然クリーチャーなので相手の除去にも耐えなければいけません。結局殴りに行くしかなく、なんとか生きて戻ってこれるようにサポートしなければならないというのが現状の同盟者の問題点です。

それらを踏まえると同盟者の生きる道は少なそうです。

  1. 諦めて次のセットの戦力補強に期待しそれまではどこかのデッキに出張する
  2. 先祖の結集墓所からの行進でリアニメイトして大量ドレインコンボを決める
  3. アドエンジンを組み込んで数で圧倒して殴り勝つ
1は身も蓋もありませんが一番ありえそうです。ランタンの斥候やドラーナ、ズーラポートの殺し屋はその能力の価値を認められギデオン共々お呼びが掛かるかもしれません。

2のコンボを組み込んだアブザンラリーが最も有望そうです。墓地を肥やす手段がほとんどないという問題を解決する必要がありますが、現代のクリーチャー戦についてこれそうにない同盟者たちに戦闘させずにドレインで勝つというのは現実的に思えます。

3は茨の道です。3に限らずどれも茨の道にしか見えませんが。単体で弱く、シナジーがうまく働いても決定打を繰り出せない以上はアド差で圧倒するしかありません。同盟者をたくさん並べて結集を誘発しながら殴り勝つという同盟者のあるべき姿を目指します。


ムンダ隊長が連れてくる同盟者をむざむざ無駄死にさせなければ勝機も見えてくるのではないでしょうか。正気を保っていればの話ですが。

というわけでお試しは3です。玉砕覚悟で夢を追ってナヤカラーのビートダウンです。

結集で先制と絆魂を付けてライフゲインして進化の飛躍で次弾装填。もしくは精霊の絆を置いてムンダ隊長にパワー3以上の同盟者を次々連れて来てもらいドローを繰り返す。

そんなこんなで数を維持しながらなんとか凌いで、マナが伸びてきたらタジュールの戦呼びと後続の同盟者やギデオンのトークンで巨大化した同盟者達で一気呵成に殴り勝つというデッキです。

ムンダ隊長の4枚ずつ掘り続けるという能力はなかなか強力でゲートウォッチの誓いの同盟者次第では化けるかもしれません。正気を保っていればの話ですが。
ムンダお試し用ナヤ同盟者ビートダウン
2 《平地
2 《
1 《
4 《樹木茂る山麓
4 《吹きさらしの荒野
2 《梢の眺望
1 《燃えがらの林間地
2 《戦場の鍛冶場
4 《同盟者の宿営地
1 《荒廃した山峡
-土地(23)-
4 《獣呼びの学者
4 《コーの刃振り
4 《コーの懲罰者
4 《ランタンの斥候
3 《地割れの案内人
4 《待ち伏せ隊長、ムンダ
4 《タジュールの戦呼び
-クリーチャー(27)-
4 《ゼンディカーの同盟者、ギデオン
3 《精霊の絆
3 《進化の飛躍
-呪文(10)-
deckchart
PC版サイトではJavascriptによる簡易ソリティアでお試しプレイができます。