2014年04月に紹介したデッキのまとめ記事です。
スタンダード
mtgdailyeventcoveragegpbei14day2x0青黒英雄

グランプリで上位進出した地雷デッキ。いつの世もわからん殺しで勝ち上がっていくのはやる側にとっても見る側にとってもマジック最大の醍醐味の一つではないでしょうか。やられる側はたまったものじゃありませんが。

BNG_6950638x3ドランミッドレンジ

TOP8: 1回  4-0: 4回  3-1: 23回

神々の軍勢環境を代表するグッドスタッフデッキ。とにかく強力なカードを詰め込んでいますが、唯一緑黒の占術土地だけが足りません。ニクスへの旅でようやく登場しますが、今度はタップイン12枚体制が許される環境なのかという問題が出てきそうです。

BNG_6975377x8白赤授与ビートダウン

TOP8: 0回  4-0: 0回  3-1: 0回

授与は重たいものばかりで有効活用するのが難しい能力ですが、使いこなせれば戦術の幅が飛躍的に広がります。ニクスへの旅でも実用レベルの授与クリーチャーがいますし一度挑戦してみてはどうでしょうか。

BNG_6975191x32ミノタウルスビートダウン

TOP8: 0回  4-0: 0回  3-1: 1回

3マナからスタートする牛歩戦術を採用したミノタウルスデッキ。ニクスへの旅では待望の1マナミノタウルスが登場しますし、次期環境でもワンチャン・・・?

BNG_6975292x6ナヤトークン

TOP8: 1回  4-0: 0回  3-1: 1回

素のカードパワーもさることながら灰色商人のように別角度からライフを狙うこともできるデッキ。地力も十分に高いはずなのですが、緑白というカラーリングが逆風すぎました。

BNG_7009014x65色リアニメイト

TOP8: 0回  4-0: 4回  3-1: 7回

最初は一発屋かと思ったのですが、意外と結果を残しています。しかしあまりの1枚差しの多さに取扱説明書なしではとても使いこなせそうにはありません。それを思えばこのデッキにおける蒸気占いは通常のデッキの何倍も強いのかもしれません。

BNG_7028003x4白ウィニー

TOP8: 1回  4-0: 11回  3-1: 14回

伝統的アーキタイプである白ウィニー。1マナパワー2がこれだけ揃うと圧巻です。あとは気兼ねなく全力投入できるアンセムさえあれば・・・。凱旋の間に期待です。

BNG_7008793x4赤アグロ

TOP8: 1回  4-0: 14回  3-1: 50回

伝統的アーキタイプである赤アグロ。赤単といえば微妙なクリーチャーと優秀な火力というイメージなのですが最近のデッキではその構図が逆になっています。

ブロック構築
メタゲームを紹介するだけでデッキはひとつも紹介していませんが、ニクスへの旅がリリースされる前に現在の代表的なデッキは紹介していこうと思います。