BNG_6800255x6
デッキの半分近くが火力という殺意にあふれたデッキ。 サテュロスの火踊りが踊りだせば、信心源も中堅生物もすべて焼きつくされ、 踊れなくても速攻生物と速攻アンブロッカブルに等しい大量の火力でダメージレースに競り勝つ。

先月は数も少なかったが、今月に入り急激に数を増やし勢いのあるデッキ。 前環境の赤白信心に代わり、メタの一角を占めることができるか。
赤白純正だけでなく黒マナの出る神殿を入れて、労苦を使えるようにしているタイプもあります。
赤白バーン/RW Burn
2  《ボロスのギルド門/Boros Guildgate
9  《山/Mountain
4  《変わり谷/Mutavault
4  《聖なる鋳造所/Sacred Foundry
4  《凱旋の神殿/Temple of Triumph
 
4  《灰の盲信者/Ash Zealot
4  《チャンドラのフェニックス/Chandra's Phoenix
3  《サテュロスの火踊り/Satyr Firedancer
4  《ボロスの魔除け/Boros Charm
4  《稲妻の一撃/Lightning Strike
4  《マグマの噴流/Magma Jet
4  《灼熱の血/Searing Blood
3  《ショック/Shock
4  《頭蓋割り/Skullcrack
3  《戦導者のらせん/Warleader's Helix

サイドボード
2  《神々の憤怒/Anger of the Gods
3  《ボロスの反攻者/Boros Reckoner
4  《岩への繋ぎ止め/Chained to the Rocks
1  《サテュロスの火踊り/Satyr Firedancer
3  《火花の強兵/Spark Trooper
2  《労苦 // 苦難/Toil // Trouble
デッキ構成とマナカーブのチャート。軽は2マナ以下、中は3、4マナ、重は5マナ以上。
このデッキだと2マナ域がかなり極端に伸びてて、序盤を圧倒してブン回って勝つこともあれば、 中盤トドメをさしきれず、終盤手札尽きた状況でなにもトップデッキできず逆転負けすることも多くありそうということが読み取れます。 デッキ紹介記事では簡易的なソリティア機能を用意しています。
バーンデッキの燃やし尽くす勢いがどんなものか気になったら、スタートボタンを押して試してみてはどうでしょうか。
簡易的なものなので占術の処理がMOよりちょっと面倒かもしれません。
戦場と手札しか領域がありませんので、墓地領域などは適当な場所を決めて、ドラッグでもっていってください。